OUR MISSION

理念

私たちは、日本の熱い想いと元気、笑顔の中心となります!

私達は以下に誇りを持って行動します。

  • 一、最高の元気、笑顔でお客様をおもてなしすること
  • 一、お客様からの「また来るよ」を自らの喜びとすること
  • 一、社会で激しく活躍するメンバーを多く世に送り出すこと
  • 一、メンバーと熱い想いを共有し、高い目標を追い続けること
  • 一、自己研鑽、挑戦をし続けること
  • 一、成果はお陰様、失敗は己と捉え、 信頼残高を高めること

ビジョン

challenge1 創る

想いをカタチにする

私たちは、お客様はもちろん、アルバイトさんから社員まで360度全員の想いを巻き込んで各ブランドのブラッシュアップに活かしています。
その中でも、「楽が気」などのオリジナルブランドは、まさに私たちの想いそのもの。
理想とする商品、理想とするお店、理想とする接客・・・私たちの想いを体現し、 あらゆるサービスの極みを作り上げるため、メンバー全員で試行錯誤を繰り返しています。

challenge2 育む

日本中で活躍する人材を育てる!

外食ビジネスは、お客さんとしてだけでなくアルバイトとしても若いうちからなじみの深いビジネス。
特に、アルバイトさんの多くは、将来社会に出ていく若い世代です。
ゆえに、私たちには、働く一人一人が「仕事って楽しい!」と思えるようなお店づくりをするという大きなミッションがあると思っています。
アルバイトを始めたときには「特に将来のこととか考えたこともないです」というメンバーも当たり前のようにたくさんいますが、次第に

「仕事って、辛いこともあるけどなんか充実感があって楽しい!」
「こんなサービスやったら面白くないですか!?」
「将来、こんな風にお客さんに喜んでもらえる仕事がしたいんです」

と、変わっていく姿も幾度も目の当たりにしてきました。

私たちの仕事には、「世の中の空気」を変える力があります。
世の中で激しく活躍する人財が生まれるきっかけを作ることで、日本にインパクトを与えていきます。

challenge3 広げる

目指せ!日本中の外食文化を発信する前線基地

博多のゴールデンタイムス、名古屋のガブリチキンのように、 日本中の天才が持つ「トレンドの種」を発掘。 食を通じて、日本中に熱い想いと元気、笑顔を届ける!という想いを重ねながら 東京から日本中の外食文化を発信する中継基地となっていきます。
二人三脚でブランド開発を行っていくこともあれば、 ピカピカに磨いたブランドを広げる為、営業面でご支援するチームも。
今後は、さらにメニュー開発の支援などにも力を入れるため、一人一人、活躍の場が広がっていきます。

TOPメッセージ

我々は、外食ビジネスにおけるあらゆる形態を駆使し、関わる「人」の想いを形にして、社会へと発信し続ける集団です。
世の中に、魅力的な外食ビジネスは山のようにあります。
ダイニングエッジインターナショナルは、想いを共有できるパートナーと共に各ステージで必要となる提携の形をとり、
世の中に食の喜び、楽しみを届けます。また、外食事業を通じ、その喜びを伝えられる人財を育て、世の中へ激しく活躍する人財を送り出します。

代表取締役社長 升本 甲一